パートナーギフトってどんなとこ?

パートナーギフト

お金を借りるときには出来るだけ早く対応してもらえるほうが良いですが、対応の迅速さで知られているカードローンやキャッシングもやはり審査はあり、その審査に通らないと融資を受けることができません。より早くお金を用意したいという場合に注目されているのがパートナーギフトです。

 

パートナーギフトの特徴について知っておきたいですが、こちらはキャッシングやカードローンの会社ではなく、クレジットカードのショッピング枠を現金化しているサービスというところがキャッシングやカードローンとはまったく違うところです。

 

クレジットカードの特徴を改めて確認しておきたいですが、まずはショッピングなどに役立つショッピング枠、さらに限度額の範囲内でお金を借りることができるキャッシング枠があります。そして、急な出費があった場合はキャッシング枠を利用すればすぐにATMからお金を引き出せて便利ですが、すでにそういった枠も使ってしまっている場合もあり、その場合はクレジットカートでキャッシングを利用することができません。

 

キャッシング枠を利用している場合も、ショッピング枠はまだ余裕があることがあり、この枠を利用して現金を用意するのが現金化のサービスの特徴です。

 

パートナーギフトの特徴 〜メリット〜

パートナーギフトのメリットとデメリットについて知っておきたいですが、まずメリットとしては24時間365日対応であること、土日にも振り込んでもらえることなどがあげられます。さらにメリットとしては来店せずとも手続きを行えることがあげられますし、審査の必要がないので、スピーディーに対応してもらえること、金融機関からの借入ではなく、通常のショッピング枠の利用のように使えることがあげられます。

 

パートナーギフトの特徴 〜デメリット〜

サービスを利用することのデメリットについても知っておきたいですが、借入ではないものの、通常のショッピングのようにやはり支払い日までにはお金を用意しておく必要があることです。それから換金率は業界でも最大となっていますが、100%の還元ではないことも理解しておきましょう。そしてデメリットとしてはショッピング枠の範囲内での現金化ですので、まとまった金額の用意は難しくなっています。

 

クレカ現金化の仕組みって違法じゃないの?

最近、テレビなどで問題になっているのがクレカの現金化です。限度額まで、いっぱい借りてもうどこにもお金を貸してもらえない人がクレカのショッピング枠を利用するものです。キャッシングやカードローンは限度額が超えるともうクレカではお金は貸してもえません。

 

また、多重債務がある場合は他の金融機関でも借り入れは否決されます。それでも、お金が必要な場合の裏ワザが現金化になります。その仕組みは、まず現金化をしてくれる業者に会い、何を購入するのかの指示を受けます。そして、その指示で家電や新幹線の回数券などをクレカで購入します。その購入したものを、業者はその定価から2割引きくらいの価格で買ってくれます。これが、現金化の仕組みになります。

 

クレカの本人には、一応現金を手にすることができます。この仕組みの現金化はカード会社では禁止しています。しかし、まだ違法じゃないところです。通常でも、不要なものをリサイクルに売りにいきます。この現金化の仕組みもこれと同じことになり、まだ法律では違法じゃないとなっています。確かに現段階では、法律違反ではないので違法じゃないところですが、カード会社は常に盗難などに備えてカードの動きを見ています。そのために、何回も現金化をしているとカード会社がそのクレカを停止することはでてきます。

 

それ以前に、現金化しても購入代金は自分に請求がきます。それが、支払い不能になる時点で、クレカは使用停止されます。リスクが高く、本人にとっても一時的にお金が手に入るだけのことです。

 

返済に困るようになったらまずは、無料の借金相談で話しをすることです。それが、被害を大きくしないことに繋がります。悩んでいる人はたくさんいます。